Recruit InterviewStaff Voice

  • 藤田 克樹

    ぼくは小学生の頃、コックさんになりたいと思っていました。
    専門学校を卒業し、ホテルで4年間の経験を経て、マネージャーからのご縁もあり、「レストランレ・フレール」に入社しました。
    初めはホテルの時と勝手が違い、戸惑うことも多々ありましたが、今では自分で料理を考えたり、ホテルの時では学べなかった、イベントの企画、発案やマネジメントなどにも関わっています。またそれらを題材としたミーティングの主導も行なっております。これらは僕のもう一つの目標である「自分の店を持つ」という夢にも繋がります。同じように自分の店を持ちたいという後輩たちともぜひ一緒に働きたいと思います。

  • 最近では若手スタッフや僕と同期ぐらいの仲間と新しいビジネス「出張料理サービス」を始めました。
    上司へのプレゼンや準備など大変なことも多いですが、今では企画やプロジェクトがそのままお店の利益に反映されるなど達成感を得ることが増えてきました。
    その成功体験の中でお客様から「美味しかった、また来たい!」「今度友達を連れてくる」というお声をいただいた時、コックという道を選んで1番やりがいを感じます。

  • 作り手としてはどれだけ忙しくても、「料理を妥協せずに100%のクオリティを維持し、お客様に最高の物を提供する。」その高い意識レベルをバイトを含めた仲間に、自分たちはプロだということを認識させ、それを全員で共有することの難しさが大変でもあり自分にとっも大きな課題であると感じています。
    最高な物は大変だ!

  • 道志 嘉人

    レフレールには、若いスタッフからベテランスタッフまで皆が挑戦でき、成長できる環境があります。
    何か一つのイベントを計画する際や、メニューの内容、ポスターなどの販促物の作成、店内の装飾、売上目標、従業員満足度アップ等、自分たちで考え、取り組み、実行し、修正し、意見を交換しながらチーム一丸となって創り上げて行きます。
    私達のチームは、私を含め多くが若い人を中心として構成されています。一緒にチームの一員、ファミリーとなって、レフレールで活躍しましょう。

  • お客様が求める空間や、一組一組のお客様がどういう趣旨でご利用されているのかに対して共感し、お客様と大切な時間を共有出来ることにやりがいを感じています。
    日々ご来店下さるお客様の中には、お誕生日・ご結婚のお祝い等で、ご利用下さる方もいらっしゃいます。そういったお客様のために用意した、メッセージプレートや記念撮影などの特別な演出で喜んでいただけた瞬間や「ありがとう」と言っていただけることが励みになります。
    これからも感謝のお言葉をいただける様なスタッフになっていこうと思います。

  • 人をうまく動かして、チーム力を上げ、お客様満足度を高める事です。
    社員からアルバイトスタッフまで合わせると性別、年齢様々な人が働いています。
    ですから、「何かして欲しい。」と思っても、うまく伝わらなかったり、連携が取れなかったりしてしまうこともあります。
    お客様に愛され続けるお店にするために、スタッフ全員の気持ちを揃えることはとても大変と感じます。

  • 関口 陽介

    色々なお仕事がある現状の社会において、マネージャーにお声をいただき、レ・フレールに入社することを決めました。
    レ・フレールは常に新しいことを目指して進化し続ける社風なので、まだまだ発展途上の僕を成長させてくれる会社です。
    明るくアットホームな職場なので、先輩社員の方々に支えられながら、また同期・後輩と支えあいながら、日々働いています。
    そんな素敵な職場なので、ぜひ一緒に働いてみましょう。

  • トップダウン(上司から部下)ではなく、若い子達から上司達へ「あれをやってみましょう!!」という提案方式でどんどん新しいことにチャレンジしていく社風です。
    他ではできないONLY ONEのレ・フレールだから出来ることがたくさんあります。
    色々なことにチャレンジし、それがお客様満足度やお店の売り上げに貢献できた時は、本当にやってよかったというやりがいを感じます。

  • 仕事がある程度できるようになってくると、上司の方たちから新しい仕事を任されます。
    「責任を持ってやりとげる!」「期待に応えたい!」という気持ちはあるのですが、期待に応えられず、指導を受けることもあります。
    いち社会人、いちレ・フレールのスタッフとして自立すること、責任感を持って仕事をすること。日々悩みながら仕事に勤しんでいます。大変なことは楽しい!